岐阜市三輪南まちづくり協議会

岐阜市三輪南まちづくり協議会は地域のまちづくり活動を総合的に行っています

〒501-2577 岐阜県岐阜市太郎丸1034 三輪南公民館
くらしの安全部会

くらしの安全部会(安全・安心見える化マップ)検討会開催

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e4%bd%9c%e6%88%90%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e6%96%87%e5%ad%97

 日 時  平成28年12月27日(火)午後6時
場 所  三輪南公民館 2階ホール
<次第>
会長挨拶 三輪南まちづくり協議会 吉村 直会長
趣旨説明 くらしの安全部会 瀧戸八起部会長
☆ A1画紙にて三輪南地区(公共・自治公民館など集会場含む) 全戸配布
☆ 基本 安全マップを見れば、地域の安全や緊急時(防災)の対応 危険な個所を一目で見れるマップを目的に作成
☆ 地区の病院(眼科含む)を全て掲載、歯科は除外
☆ 通学路の明確化と地区委員の危険(ブロック塀・水路)と考える場所明記
☆ 地域自治公民館(一時避難場所など)明記
☆ ハザードマップ(水害・急傾斜区域)色分けする。
☆ AED設置場所を記載したらどうか。
☆ 公衆電話の記載・防火水槽記載
☆ 子ども110番の個人名・企業名を入れるか。

危険場所・交通事故多発場所の記入(記号)
防災無線子局の正確な記載(記号)

資料提出担当者を決め、平成29年1月10日までに提出
校正を2月 印刷を3月とする工程
発行部数 3,000部
%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%85%a8%e9%83%a8%e4%bc%9a%e4%bc%9a%e8%ad%b0

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

只今検討中です。

第2回安全サミット会議開催H28.12.11

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e6%96%87%e5%ad%97
三輪南地域のまちづくりの一環として、毎月11日(通称いいひ)に安全・安心な地域社会の構築に向けて、諸活動を推進しています。年末に向け、盗難等の被害や火災が危惧されるため、岐阜北警察署・岐阜北消防署から講師を招き、「地域安全活動」「防火活動」と題して、第2回安全サミットを開催しました。 安全サミット終了後、第3回くらしの安全部会の会議を開催しました。

≪第2回安全サミット≫
1 日時  平成28年12月11日(日) 午後7時~午後7時50分
2 場所  三輪南公民館2階会議室
3 次第
(1) 三輪南まちづくり協議会会長あいさつ
(2) 犯罪情勢と地域安全活動について・・・・・・岐阜北警察署(生活安全課)
(3) 火災の発生状況と火災予防について・・・・・岐阜北消防署(三輪分署)
(4) 質疑

≪第3回くらしの安全部会≫
1 日時  平成28年12月11日(日)午後7時50分~午後9時
2 場所  三輪南公民館2階会議室
3 議題  「安全・安心見える化マップ」の作成について

%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%85%a8%e9%83%a8%e4%bc%9a%e3%82%b5%e3%83%96%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

くらしの安全部会は、各種犯罪、交通事故、火災、災害から身を守るために「地域の安全は、地域で守る。」という、基本理念のもと、これの浸透と諸活動を推進して、「安全で安心、かつ快適な三輪南」をつくることを目的にして次のとおり、活動しました。
◎「第2回安全サミット(地域安全活動、防火活動)会議」の開催 年末、年始に向け、空き巣等の財産犯罪などに遭わないことや火災を発生させないことを願って、警察と消防から講師を招いて開催し、時宜を得た講和内容に極めて有意義な「安全サミット」となりました。
出席したまちづくり関係者は、安全、防火意識を持ってもらうことの重要性と「地域の安全は、地域で守る。」必要性を痛感いたしました。

img_4339

img_4342

img_4348

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 地域安全活動
岐阜北警察署高橋生活安全係長を講師に招いて、犯罪発生の情勢と身を守るための安全活動について、事例を交えて講和をいただいた。
岐阜北警察署管内の空き巣などの盗難被害の実態をはじめ女子への声掛け事案などで、なかでも、振り込め詐欺等の特殊詐欺被害が依然多く、高齢者が警察を装った犯人に通帳・カードを取られたなど言葉巧みな詐欺等の被害20数件、3千万円余の被害が発生していることを紹介し、不審な電話、不審者の来訪があれば、迷わず警察に通報する方法など説明を受けた。その他、電子マネー、プリペードカードを悪用した詐欺の手口の紹介など盛りだくさんの実例の説明があった。
最後に地域安全を担っているボランティアは、長くなると、どうしても人材が固定されるので、若い人へのバトンタッチをして裾野を拡げ、息の長い活動をしていくことの重要性を説かれた。

img_4351img_4354

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 防火活動
 
三輪分署松野誠司令補を講師に招いて、火災発生状況をはじめ、火災の原因で一番多いのは、放火等の不審火、次にタバコの不始末の順であることなどから、住宅の近くに燃えやすいダンボール等を置かないことやタバコは、ベランダ等の外で喫煙するなど細部にわたり、タコ足配線の怖さ、ストーブの正しい給油方法など広範にわたった。住宅火災警報装置の設置率は、当三輪地区では約74%で岐阜市の平均72%を上回っているが、他の地区は90%のところもあり、更なる設置の必要性を訴えられた。
救急車の要請には、特に一刻の人命に関わる心肺停止(CPA)を優先することとなるので、平素から保険証の必要事項の備え等をしておくといざという場合に、手間が省け、早急に搬送できるなどを教示された。
一番多い、不審火を防止するには、知らない人で挙動がおかしいと思う人がいたら声掛けをして、地域で見守りすること、即ちコミュニティの大切さを強調された。

img_4358img_4357

 

 

 

 

「子ども安全サミット」平成28年7月2日(土)開催

安全サミット

願って

三輪輪南地域の安全について考えるサミットが三輪南まちづくり協議会と岐阜市立三輪南小学校の企画で開催されました。
このサミットは、毎年夏休み前に開催され、今年で5回目となります。夏休み前に、子どもたちに事件事故への安全意識を高めてもらうため、全校児童630人や地域住民120人が誘拐や水難事故への対処方法を学び、防犯や事故防止への意識を高めました。
防犯については、岐阜北警察署員が実演を交えながら、不審者に声を掛けられた場合の対処法を教えてもらった。また、事故防止の観点からは、岐阜北消防署員から川遊びの注意点や水難事故の対処法を教わりました。
サミットの誓いの言葉を代表児童が「知らない人には絶対ついていきません」「危険な場所で、水遊びや釣りはしません」「花火はおとなとします」「ヘルメットをかぶり自転車にのります」と安全宣言し、宣言文を書いた短冊を七夕飾りの竹笹に結んで、みなみっ子の安全を願い終了しました。
IMG_2623

 

IMG_2625

IMG_2637

 

 

 

 

 

 

IMG_2643

 

 

IMG_2645

IMG_2647

「夏休み前子ども安全サミット」の開催(平成27年7月4日)

平成27年度「夏休み前子ども安全サミット」

 

夏休み中に、児童が悲惨な交通事故や事件等に遭わないとを願って、安全・安心かつ快適に夏休みを過ごすことを目的に、「「夏休み前子ども安全サミット~みなみっ子の安全を願って~」を三輪南小学校と共催で、警察官や消防士による実践・体験・参加型により開催した。

吉村まちづくり協議会長の開会宣言、安藤校長先生のあいさつに続き、岐阜北警察署員の指導のもと、声掛けをされた場合の対象方法をはじめ、誘拐に遭わないための離脱方法を実際に児童が全力で走って逃げる訓練をした。
次に、岐阜北消防署三輪分署員により、分かりやすく、水難防止の配慮事項、花火をする場合の事前の用意など現物を掲示して、児童も真剣に耳を傾けていた。
最後に児童代表者から、短冊に記した「知らない人には、ついていきません」、「自転車に乗る時は、ヘルメットかぶります」、花火をするときは、大人とします」、「危険な場所で、水遊びをしません」の4つの安全宣言をして、竹竿に吊るし、夏休み中の安全の願いを込めた。なお、この状況を岐阜市広報「あなたの街から」の収録を受け、9月25日に放送予定です。

 

IMG_0902

IMG_0908

IMG_0917

IMG_0926

IMG_0934

IMG_0947

IMG_0954

IMG_0960

くらしの安全部会年間活動状況

くらしの安全部会は、各種犯罪、交通事故、火災、災害から身を守るために「自分の地域の安全は、自分たちで守る。」という、基本理念のもと、これの浸透と諸活動を推進し「安全で安心、快適な三輪南」をつくることを目的にして次のとおり、活動しました。

(1) 「夏休み前子ども安全サミット」など安全サミットの開催夏休み前子ども安全サミット
7月には、「夏休み前子ども安全サミット」三輪南小学校と共催し、警察官や消防士による実践・体験・参加型の誘拐に遭わないための離脱方法やDVDによる危険な川、水路の紹介等を分かりやすく伝え、児童も真剣に耳を傾け、実技もしっかり危機感を持って行った。
最後に児童代表者により、「知らない人には、ついていきません」、「自転車に乗る時は、ヘルメットをかならずかぶります」、「花火をするときには、大人とします」、「危険な場所で、水遊びや釣りはしません」と警察官、消防士、安全協会支部長に力強く、安全宣言をしました。
また、12月には、「安全サミット(火災予防活動)」を開催し、三輪分署長村上晴彦氏から火災発生件数とその実態、具体的な防火方法の講話をいただいた。その後、参加者相互にディスカッションをして、地域がこぞって「笑顔で明るい新年を迎える。」ことができることを合い言葉に有意義な安全サミットでした。

(2) 毎月11日に「コミュニティ強化旗」の掲出コミュニティ強化の日
安全なまちづくりには、地域コミュニティが必要不可欠であるため、毎月11日を「三輪南くらしの安全コミュニティ強化の日」(通称いいひ)に「コミュニティ強化旗」 を自治会長はじめ部会員等宅に掲出して、啓発活動に努めた。

(3) 「コミュニティ強化3箇条」の恒常的な実践

コミュニティを強化するための具体的事項を定めた「コミュニティ強化3箇条」の年間を通じての実践活動をした。コミュニティ3箇条

(4) 「安全・安心見える化マップ」の検討マップ訂正

各種のマップを複合化して、一目瞭然に安全な場所、危険な場所、災害時の避難所等を「見える化」することにより、地域への周知と利便性を図るため、作成の検討をしている。

夏休み前子ども安全サミット

夏休み前子ども安全サミット 開催場所:三輪南小学校体育館

「くらしの安全部会」では、毎年夏休み前に子どもたちが悲惨な交通事故や事件に巻き込まれたり、水難事故等に遭うことなく、安全かつ快適な夏休みを過ごすことができることを願って、夏休み前子ども安全サミット、「みなみっこの安全を願って」と題して、実技・体験型の安全サミットを開催しました。
 「誘拐、声掛け等の対処方法」を岐阜北警察署生活安全課の地域安全アドバイザーの指導により、子どもたちが怪しい人に遭遇した時の対処法の極意を教わりました。
 「水難事故に遭わない方法」と題して、岐阜北消防署三輪分署の消防隊長から三輪南地域の危険箇所や通学路にある用水の怖さを教わりました。
 交通安全協会三輪南支部長の島邊さんから登校・下校時に使う交通安全旗の贈呈が行われ、続いて、児童による安全宣言「みなっ子 子ども安全宣言」を児童を代表して6年生の4人が安全宣言の書かれた短冊を持って、全校児童のまで行い、七夕の笹竹に願いをつるし、安全に夏休みを過ごすことを誓って閉幕しました

子ども安全サミット

 

子ども安全サミット
子ども安全サミット

 

交通安全旗の贈呈式

水難事故防止のための誓い

みなみっこ 子ども安全宣言

子ども安全サミット

6年生代表の4名児童は、「安全宣言」の書かれた短冊を持って舞台に上がり、全員で「安全宣言」を読み、誓い合った後、願いを込めて笹竹に短冊をつるした。