岐阜市社会福祉協議会 三輪南支部

手をつなごう 安心と、活力が生まれる、しあわせのまちづくり

〒501-2577 岐阜県岐阜市太郎丸1034

TEL.058-229-33620

三輪南公民館

22日

平成28年度 第2回評議員会開催

%e8%a9%95%e8%ad%b0%e5%93%a1%e4%bc%9a%e8%ad%b0h28

日時:平成28年10月20日(木)19時~
場所:北東部コミュニティセンター
司会・進行:副支部長 箕輪 照子

次  第
1 開会のことば            副支部長 窪田 利之
2 支部長あいさつ           支部長  吉村 直
3 報告事項
(1)事務局員の交替について     支部長  吉村 直
(2)平成28年度前期事業報告    主  事 井川 威
(3)平成28年度前期収支報告    会  計 野口 正春
(4)平成28年度後期事業計画    主  事 井川 威
4 意見交換会
5 閉会のことば            副支部長 松岡 弘

評議員会は、10月20日に役員・評議員33名の出席を得て開催されました。
第2回評議員会では決議する会ではなく、前期の事業報告が中心となります。
事業報告は、プレゼンテーションを使って映像で紹介しました。

%e3%81%b5%e3%82%8c%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3 %e3%81%98%e3%81%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%81%e3%81%b0%e3%81%82%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

次々と映像で紹介される支部事業に、役員・評議員の方々から大きな賛同をいただきました。

意見交換会では各事業に対する意見や課題が活発に出され、今後の支部活動に大いに参考となりました。その中から、いくつか紹介します。
<事業全体について>
・市社協三輪南支部の各事業をいかに住民の多くの方に知ってもらうか。その方策を探りたい。
<高齢者介護予防教室>
・とても評判が良かった(寄せ植え教室、マリンバ演奏など)、更にピアノ演奏、音楽療法、楽しく活動できるもの等、内容を増やしてほしい
<福祉委員研修>
・福祉員研修では、高齢者の介護に向けて具体的な体験ができてよかった。
<ひとり暮し高齢者のつどい>
・色々な制限があって参加しにくいのではないか。高齢者所帯、昼間のひとり暮し、介護者の参加、
 交通手段など

%e3%81%be%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%b0

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%90%e3%81%ae%e9%9f%b3%e8%89%b2

高齢者介護予防教室の第2回が、7月4日(月)三輪南公民館で開かれました。
“マリンバの音色で脳いきいき”・・・ということで、リセ・マリンバ・アンサンブルの演奏を楽しみました
会員もよく知っている童謡から、映画の主題歌まで幅広いレパートリーを持っているリセ・アンサンブルの演奏にきっと脳も大いに活性化されたことでしょう。

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%90%e5%86%99%e7%9c%9f

 きれいなマリンバの音色にうっとり・・・

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%90%e5%86%99%e7%9c%9f

会場の公民館も一杯です。

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%90%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

H28.9.4 福祉委員研修と防災訓練参加

%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%a7%94%e5%93%a1%e7%a0%94%e4%bf%ae%e6%96%87%e5%ad%97

1 要援護者の介助・・・防災訓練(9月4日)
第2回目の福祉委員研修では、防災訓練の時に要援護者の介助を研修しました。
 協力していただいた老人クラブの皆さんを車椅子に乗せて、体育館の避難所までいきます。
◎参加者の声
「いい勉強になりました。車椅子の操作って意外と難しいですね。これからもこのような具体的に体験できる研修がいいですね。」

%e9%98%b2%e7%81%bd%e8%a8%93%e7%b7%b4%e5%8f%82%e5%8a%a0h28

2 視察研修(11月14日)・・・鷺山子ども医療センター、清流園
福祉委員研修第3回目は、希望が丘こども医療福祉センターと清流園を視察研修しました。
 平成27年に新築移転された希望が丘子ども医療福祉センターは、18歳未満の児童を中心とする病院であり、手足や体幹等の疾病や障がい、発達の遅れ、発達障がい等の診断・治療を行い、リハビリテーション、看護、保育、生活指導等を総合した療育も行っています。センターに隣接して岐阜希望が丘特別支援学校や成人を対象にした授産施設清流園があります。

%e8%a6%96%e5%af%9f%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%86%99%e7%9c%9fno1

〇 センターの職員から希望が丘こども医療福祉センターの概要説明を受けました。

%e8%a6%96%e5%af%9f%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%86%99%e7%9c%9fno2〇 施設見学です。新しくできたセンターの設備は利用者本位の療育・支援を進めることに主眼をおいています。

%e8%a6%96%e5%af%9f%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%86%99%e7%9c%9fno3・職員から清流園の説明を聞く参加者